大掃除の時期はいつがいいのか

大掃除といえば、通常、年末に行われることになっています。しかし、年末年始は帰省したり、海外旅行をしたりという人も少なくありません。特に決められているわけではないため、わざわざ年末にこだわる必要もありません。 各家庭の状況や企業の状況に応じて、時期を決めることをお勧めします。例えば、年末に繁忙期を迎える業界の場合、年末に大掃除を行うことは避けるべきです。この場合、繁忙期ではない時期に設定します。企業は比較的、2月頃が暇だと言われています。暇な時期に設定することで、業務に支障がでることもありません。 一方、一般家庭の場合も同様です。夏休みや冬休みは長期休暇を取って遠出するというのであれば、5月の連休に設定してみるというのもお勧めです。ゴールデンウィークは気候的にも安定しており、まとまった休みが取れないという人もいます。このうちの一日を使って大掃除をすれば、休みを有効活用できてお勧めです。 いくら暇でも避けた方がいいのは、夏です。窓を開け放して換気しながらできるいい機会ではあるものの、気温が高すぎて熱中症になってしまうことが心配だからです。また、梅雨も同様です。湿気が多く、換気しながら掃除する季節ではありません。無理に行ってしまうと、かえってカビをはやしてしまったり、室内に雨が入ってきてしまったりというように、掃除の意味がなくなってしまうこともあります。 年末に大掃除ができない場合には、春や秋に設定することをお勧めします。

大掃除の時期や常識に関して

大掃除の時期や常識に関しては、色々と掃除を行う事から考えるとやはり年末に今年の汚れをキッチリ綺麗にすると言った風習は何処でも共通の状況から時期的なものもやはり常識的に見ても、...続きを読む

Copyright© 2015 大掃除を12月にやらない、そのメリット All Rights Reserved.